同期入社の女性と社内恋愛の末にゴールイン

同期入社の女性と社内恋愛の末にゴールイン

私たちは、社内恋愛の末にゴールイン、現在もまずまず円満な夫婦関係を続けています。
妻とは同期入社。しかし、最初の印象は決してよくありませんでした。妻は活発で明るいタイプなのですが、私はどちらかというとおとなしい「大和撫子タイプ」の女性が好きなのです。
ですから、「目立ちたがりで自己アピールの強い、うるさい女性だ」という良くないイメージを、彼女に対して抱いていました。
比較的大きな会社で、入社して配属された部署もまったく違っていましたので、彼女の顔を見る機会はほとんどありません。廊下ですれ違ったときに挨拶する程度の関係です。ですから、ますます「対象外」の存在になっていきました。
そんな私たちに転機が訪れたのは、入社6年目のことです。社内にあるプロジェクトが立ち上がり、さまざまな部署のメンバーがそのプロジェクトチームに入ることになったのですが、そのメンバーに私と妻が選ばれたのです。

こちら


私たちは入社6年にして、初めていっしょに仕事をする機会を得たというわけです。なにしろ、知らない人の多いプロジェクトチームでしたから、人見知りのところのある私にとっては、人間関係の不安が小さくありませんでした。そうなると、「同期」というのは頼りになる「心の友」です。
それまで眼中になかった彼女の存在がにわかに大きなものになり、私のほうから積極的に話しかけるようになりました。
実際にいっしょに仕事をしてみると、彼女の細やかな気配りや、女性らしいやさしさが見えてきます。それまで抱いていたイメージとは違う彼女のさまざまな面が、私の目に映るようになったのです。
それは、彼女のほうも同様だったようです。

こちら

初めて二人きりで飲みに行ったとき「こんな楽しい人だとは思わなかった」と、彼女に言われました。つまり、いっしょに仕事をすることによって、お互い、それまで抱いていたイメージがガラリと変わったわけです。
こうして、ごく自然な流れで交際スタート。その2年後に、籍を入れました。
その関係が今に至っているのですから、あの社内プロジェクトが私たちにとっての「キューピッド」だったといっていいでしょう。

ビビっとくる!というのは本当でした

現在、結婚10年目です。主人と出会ったのは職場仲間から誘われたコンパでした。
私は元々、コンパが嫌いだったので誘われても行くことはなく、初めて行ったコンパで出会ったのが主人でした。
その時はたまたま仕事で腹が立つことがあって、気分がイライラしていました。
パァっとしたかったことと、友達から「ただ食べて飲んでパァってしててくれたらいいよ!」と言われたこともあり、
出会いなんてどうでも良かった私は気分転換で行きました。

こちら


待ち合わせ場所で現れた数人の男子。主人を初めて見た瞬間に、何か感じるものがあって「この人と付き合いそう」と
思いました。これがまさにビビっときたというものです。
コンパ中は席が離れていたこともあり、ほとんど主人と喋ることはありませんでした。
私の近くにいた人がたまたま私のことを気に入ってくれたらしく、とりあえず連絡先を交換しました。
翌日ぐらいに「今度は2対2ぐらいで遊ぼう」という連絡があり、友達を誘って行きました。
その時に相手が連れてきたのが主人でした。コンパとは違って少人数だったので、会話をすることも多くなりその日を境に
主人とも連絡先を交換。その後、連絡を取り合うことが多くなり2人で会う機会が増えました。

こちら


そして、どちらからともなくごく自然な流れで彼氏彼女へと発展しました。
主人は私よりも3歳年上です。付き合って3年程たった頃に、私は20代後半になり結婚を考え始めました。
このまま主人に結婚する気がないなら、新たな出会いを探したい。婚期が遅くなるのは嫌だったので、結婚に対する
主人の考えを聞こうと思っていました。
そんな時に、主人が仲良しの友達たちが結婚していきました。これはいい機会だと思い、結婚に対する考えを聞くと
「今は全くない」と言われました。3年経っても今はないと言われると、この先は期待できないと思いました。
当時の私は、「20代後半は結婚の年齢的に重要」と思っていたので、結婚する気がないなら別れてほしいと伝えました。
それが効いたようで、「それなら結婚するか」と言ってもらえて結婚。こうして今に至ります。


こちら こちら


<<前のページへ