きっかけは同じ研究室に配属されたこと

きっかけは同じ研究室に配属されたこと

彼女と付き合うきっかけになったのは同じ研究室に配属されたことです。理系の大学では4年生に上がるときに希望の研究室に配属され、1年間研究して卒業論文を作成します。またこれと並行して就職活動や大学院への進学への準備など忙しい1年間になります。彼女とはたまたま同じ研究分野の研究室に配属になり、これまでより一緒に過ごす時間が増えました。以前から私は彼女に対して好意を抱いていたので、すぐに夕食に誘いました。実はそれまで女性とお付き合いしたことはなかったので、初めはどうデートに誘ったらよいかわかりませんでした。共通の友人にも手伝ってもらい、今ではとてもやりませんが、失敗しないようにデートプランを考えたり、あらかじめお店を下見したりしました。その甲斐があったのか、彼女とのデートは楽しい時間でした。そして3回目のデートでこちらから告白しました。どうやら彼女も私に好意を抱いていたようで、すんなりOKを頂きました。

こちら

それから一年があっという間に過ぎ、卒業後は進学先が異なるため、2年間の遠距離を経て、お互い就職し、今年で付き合って4年になります。先日二人の思い出の場所でプロポーズも済ませ、来年の春に結婚することになりました。今まで仲良く喧嘩もせずにお付き合いできたのはお互いに相手を思いやる気持ちがあったからだと思います。これからは二人で人生を歩んでいくことになりますが、彼女とならきっと素敵な家庭を築いていけると信じています。

バイトしてるコンビニに系列店にヘルプにいったのが出会いのきっかけ

私が当時大学生で21歳の頃に知り合った彼女とのお話です。

近所にある大手チェーンのコンビニでバイトしてたんですが、そこはオーナー店だったんです。
仕事をある程度覚えてきたら、オーナが経営してる別店舗にヘルプにいってくれないか?って言われました。

こちら

別店舗は距離が遠かったんですが、田舎でお客様の少ないので仕事内容が楽って聞いてたのと週1日でいいってことなんで、気分転換がてら行くようにしました。

今までの店舗だと勤務時間が22時〜8時だったんですが、早番の都合で19時〜5時までって勤務が変わりました。
今までは夕方の人と交代で勤務になってたので、挨拶とか軽い話をするだけだったんですが、こちらの店舗の場合19時出勤なので夕方の人と一緒に勤務するようになったんです。
その時によく一緒に勤務するようになった子が彼女になりました。

大体私が行く時は夕方勤務の人は2名なんですが、なぜかいつも女性二人なんですよね。
私が発注業務のための準備をしてる時、ちょうど片方が休憩時間になるようで、話はよくするようになってたんです。
どちらも高校生でかわいい娘だったんですが、バイト仲間ってことで彼女にしたいとかは思わず、普通に会話してたんですが、ふとそのうちの一人が私の通ってた高校に通ってるって知りました。

こちら



自分の通ってた高校は進学校です。結構堅めの高校なんですが、私は自宅近くだったので通ってましたが、彼女からすると結構遠いわけです。なのになぜそこに通う?ってことで興味でましたし、会話も増えました。
共通のポイントがあるっていうのも親近感が沸きましたが、そういう事情を考えるとさらに好奇心がそそられたんですよね。
これは私だけじゃないようで、彼女のほうもそうだったと思います。

私はバイト先まで車で通勤してたんですが、その頃からかな?よくバイトない日はドライブつれていってくださいよ〜ってネダッてくるようになりました。
幸い学校は近いし、ならバイトない時自宅まで送りがてらドライブするか?ってことでバイトのない日も会うようになりました。
車の運転は好きだったので、送るのは手間じゃなかったんですが、彼女からすると、とても嬉しかったみたいです。

こちら


同じ学校に通ってたからわかりますが、学校からバス停まで結構距離もありますし、バスから駅まで移動、駅から電車でってなると結構大変なんですよね。
そういう利便性の問題もありますし、年上の男性と車でドライブっていうのも嬉しかったんだと思います。

3回目ぐらいのドライブデートで彼女から、これからは彼女として付き合って欲しいってことで告白されました。
ちょうどその頃、私もヘルプに行くことも無くなるってことだったので、彼女のほうも焦ってたんでしょうね。
結構話が合うし、同じ高校ってことで頭の良さというか話のレベルも合うんで、一緒にいてて居心地の良い娘だなって思ってた(そうじゃなきゃ送ったりしませんよね)ので、OKして交際をスタートさせました。

彼女が高校を卒業して進学で別の地域で一人暮らしするようになった時に別れましたが、今でも良い娘だったなあって思うことがあります。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>