プリウスとの勝負

プリウスとの勝負

私が運転していると、よくプリウスに出合うのですが、

なぜか、大抵のプリウスが私の運転している車とのスピードが違いすぎるのです。

ほぼ9割が私の車より極端に遅く、残りの1割が私の車より極端に速いのです。

そのため遅いプリウスの後ろについてしまうと、その車の前には空間が空いているにも関わらず

遅く流れに沿っていないため、私を含めて後続車の渋滞が出来てしまうのです。

確かにハイブリッドカーで燃費は大事なのかもしれないけど、なぜそんなに遅いのだろう?

普通に走った方が燃費がいいのでは?と思って不思議に思っていました。

そんなことを思っていたのですが、先日会社の同僚でプリウスを買ったやつがいたので

乗せてもらった時、その不思議が少し解決したのです。

こちら



プリウスには、燃費が今どれくらいであるかが、恐らく他の普通車よりもわかりやすく

表示されます。

そのため、スピードよりも燃費に目が行くようになっていたのです。

私も運転させてもらったのですが、今のスピードよりも燃費メーターのことが気になって

しょうがなくなりました。

私でさえ、そのように思うぐらいですから、エコのためを思ってプリウスを購入した人達は、

より燃費のいい走りをしようとするはずです。

そしてその結果が、私が出会う約9割のプリウスが遅い原因なんじゃないかと思いました。

そりゃあ、せっかくのプリウスですから、より燃費がいいという結果を出したいと思うのは

当然でしょう。

こちら



ただ、私の感覚では、9割のプリウスのような運転をしているのもそれなりの燃費だったのですが、

むしろ流れに沿う感じで、速めに行った方が燃費が良かったです。

ということで、9割のプリウスユーザーは、もしかするともったいない運転をしているのかもしれません。

トヨタさんもプリウスを販売する際には、そこらへんを教えてあげればいいのにと思いました。

そうすれば、私との余計な勝負もしなくてもよくなりますから。

車でのトラブル

車でやらかしたトラブルを紹介します。といっても家族のがほとんどですが。

まず、私の父は車の運転や取扱があまり上手くないせいか、自損事故・廃車クラスの事故を何度もやらかしています。

こちら

まず、私が小学生の頃、スキー場に向かう途中に、凍ったカーブを曲がりきれずにガードレールに衝突しました。ガードレールがあったからよかったものを、その先は崖となっており、文字通り九死に一生を得ました。また、当時はまた携帯電話なんていうものは全く波及していませんでしたので、後続の車を止めて乗せてもらい、ホテルで電話を借り、JAFに連絡して事なきを得ました。

次に、大体同じころ、何でもない日に普通に車で走っていたら、ボンネットからいきなり煙が吹き出しました。炎上はしなかったものの、車は廃車になりました。また、その時も近くの民家で電話を借りて連絡をしました。

その後、父はミニバンを買い、そのミニバンは十年ほどは大丈夫だったのですが、数年前、私が実家に帰ってきたらそのミニバンはなく、新しいセダン車がありました。

こちら

話を聞いてみると、そのミニバンで走行中に、運転を誤って田んぼに落ち、そのまま廃車になったということです。新しいセダン車でも、つい先日、家からバックで出ようとした際に、シフトレバーを入れ間違えて田んぼに落ち、JAFに救出してもらいました。どうやら私の父は、車運が全くないようです。

私自身も最近やらかしました。しかしこれも父が原因でした。休日に両親を連れてドライブに行こうと高速に乗ろうとETCゲートをくぐった瞬間、警察に止められました。免許証の確認かな?と思ったのですが、誘導された先で言われたのが「後部座席シートベルトしてませんよ」と。両親でした。これで減点1、次回の更新はゴールドから青になります。私もいい大人なのでギャーギャー言いたくはないのですが、しばらく父を車から遠ざけようとは考えています。

東京三鷹 車買い取り
こちら こちら


<<前のページへ   次のページへ>>